Music Tracker

ローリングストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な500曲」

アメリカの音楽雑誌「ローリングストーン誌」(RS誌)が選んだ「歴史上、最も偉大な500曲」(オールタイム・グレイテスト・ソング500)です。 原題は「500 Greatest Songs of All Time」。2004年12月に発表されました。 洋楽の名曲ランキングの中で最も有名な決定版です。 全曲のタイトルとアーティストを一覧(リスト)にして、動画(Youtube)へのリンクを付けました。 原文のサイト(英語)は、こちらになります。 (MOVE/JDPアセットマネジメント株式会社)

トップ1011~20位21位以降ページの先頭↑

■ トップ10
順位 曲名、アーティスト 解説
「ライク・ア・ローリング・ストーン」
(Like A Rolling Stone)

ボブ・ディラン
(Bob Dylan)

試聴(Amazon)→

動画(音のみ)→
1965年。 ギターのフレーズとオルガン、ディランの声が組み合わさり、 革命的なサウンドを創出。 ロックの新しい世界を切り開いた。 「石ころみたいな存在になるって、どんな気分だ?」といったぶしつけなメッセージとともに、 世界中の若者の心をわしづかみにした。 1960年代の社会変革の雰囲気を象徴する歌とされる。 全米2位。ディランの6枚目のアルバム『追憶のハイウェイ61』収録。
「サティスファクション」
((I Can't Get No) Satisfaction)

ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)

試聴(Amazon)→

動画(歌詞付き)→
1965年発売。 スリリングで重く弾けるロックの名曲。 ギターの魅力を最大限に引き出した演奏や、 性的な欲求不満と苛立ちをぶちまける歌詞は、 強烈なインパクトを与えた。 作詞・作曲は、キース・リチャーズとミック・ジャガー。 キースがギターリフと出だしの部分を、それ以外はジャガーが書いたとされる。 ストーンズにとって初の全米1位。
「イマジン」
(Imagine)

ジョン・レノン
(John Lennon)

試聴(Amazon)→

動画→
1971年。国境や宗教、所有欲のない平和な世界を想像してみよう、と語りかけるメッセージソング。 ビートルズ解散の翌年、ジョン・レノンが発表した。 ピアノによる静かで美しいメロディとレノンの歌声が強烈に心に響く。 平和や反戦を呼びかける歌として、 あるいは、対立によって傷ついた心を慰める歌として、世界中のイベントや集会などで使用され続けている。 曲のタイトルや歌詞は、妻オノ・ヨーコの詩からヒントを得たという。 1980年にレノンが殺害された後に再びチャート上位となり、セールス的にもレノンのソロ作品として最も売れたシングルになっている。
「ホワッツ・ゴーイン・オン(愛のゆくえ)」
(What's Going On)

マーヴィン・ゲイ
(Marvin Gaye)

試聴(Amazon)→

動画→
1971年。 戦争の不条理さを問いかける名曲。 ベトナム反戦デモに対する警察の暴力的行為を目撃した黒人ボーカルグループ「フォートップス」のレナルド・ベンソンの「一体どうなってんの?(What's Going On?)」という声から端を発している。このときのベンソンの心情をモータウンの作曲家アル・クリーブランドが曲にして、 さらに、マービン・ゲイが詞と曲を自分流に書き換えてできあがったという。 ゲイは自らプロデュースを手掛け、完成させた。 ゲイがソフトなモータウンサウンドから脱皮し、社会問題や自らの苦悩と向き合う路線へと転換した象徴的な一曲とされる。サウンド的にはソウルまたはサイケデリック・ソウルと位置づけられている。
「リスペクト」
(Respect)

アレサ・フランクリン
(Aretha Franklin)

試聴(Amazon)→

動画→
1967年。男性R&B歌手オーティス・レディングの軽快なオリジナル版を、 アレサ・フランクリンがよりソウルフルでパンチのきいた曲にして発表。 コーラスの部分がパワフルになり、 自立した女性の力強さが表現された。 フェミニズム運動の象徴的な歌として支持され、 世界的な大ヒットとなった。
「グッド・ヴァイブレーション」
(Good Vibrations)

ビーチ・ボーイズ
(The Beach Boys)

試聴(Amazon)→

動画→
1966年。 スタジオでの演奏を録音するという従来のレコーディングから決別し、 「スタジオではどんなことでも可能」だと教えてくれた革命的な曲として、歴史的に高い評価を得ている。 バンドリーダーのマイク・ウィルソンが、 傑作アルバム「ペット・サウンズ」で自ら確立した多重録音の技術を活用。 いくつもの音源を組み合わせて創り上げた。 当時新しかった電子楽器テルミンのほか、 口琴やチェロなど現代音楽(ポップス)の世界ではなじみの薄かった楽器もミックスされている。 曲の途中でキーやテクスチュア、ムードが何度も変わるという複雑な構造も、音楽関係者を驚嘆させた。 サイケデリックやプログレッシブ・ロックの勃興も感じさせる。 作曲はマイク・ウィルソン。 ボーカルのマイク・ラヴが作詞に携わった。史上最も制作費用がかかった曲とも言われている。 商業的にも大ヒットとなり、ビーチ・ボーイズにとって初のミリオンセラーとなった。
「ジョニー・B.グッド」
(Johnny B. Goode)

チャック・ベリー
(Chuck Berry)

試聴(Amazon)→

動画→
1958年。 ロックの創世記を象徴する名曲。 イントロから圧巻のギター演奏で、 ローリングストーン誌が選ぶ「史上最も偉大なギターソング」で1位に選ばれている。 歌詞は「ベルを鳴らすようにギターを弾くニューオリンズの少年ジョニー」について唄っており、 ロックンローラーとしての成功や出世への道のりを描いた最初の曲としても、歴史的な評価を得ている。 「自伝的な歌詞」とチャック・ベリー自身が認めている。 ロックの古典中の古典として多くのアーティストにカバーされており、 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公が演奏したことでも有名。
「ヘイ・ジュード」
(Hey Jude)

ビートルズ
(The Beatles)

試聴(Amazon)→

動画→
1968年。 ビートルズの代表曲の一つで、 バンドの後期のシングルの中で最も売れた。 ピアノが主体の美しいバラードで、 人の心を癒し、優しい気分にさせる力を持っている。 大きな音楽イベントやオリンピック閉会式などで、 メインの歌として使用されることも多い。 実質的にポール・マッカートニーの作曲。 ジョン・レノンの息子ジュリアンが、 両親の離婚話で落ち込んでいるのを見たポールが、 ジュリアンを励ますために書いたとされる。
ビートルズの曲一覧→
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」
(Smells Like Teen Spirit)

ニルヴァーナ
(Nirvana)

試聴(Amazon)→

動画→
1991年。グランジを代表する曲。 1990年代で最も偉大な曲と評されることも多い。 10代の若者たちの革命の歌として受け止められている。 音楽ビデオ(PV)も、当時の世相を反映した名作として語り継がれている。 この曲のヒットにより、オルタナティブ・ロックがメインストリームに位置づけられるようになった。
10 「ホワッド・アイ・セイ」
(What'd I Say)

レイ・チャールズ
(Ray Charles)

試聴(Amazon)→

動画→
1959年。 R&Bとロックの分野において、最も大きな影響力のあった曲の一つ。 R&Bという音楽の中に「ソウル」というサブジャンルを確立する契機となった曲だとも言われている。 レイ・チャールズはこの曲の大ヒットによって幅広い人気を獲得するようになった。 セクシーでダンサブル。全身と魂をゾクゾクさせるパーティー・ソング。 ポール・マッカートニー(ビートルズ)ら後のロックスターたちのインスピレーションにもなったとされる。

トップ1011~20位21位以降ページの先頭↑

■ 11位~20位
順位 曲名、アーティスト 解説
11 「マイ・ジェネレーション」
(My Generation)

ザ・フー
(The Who)

試聴(Amazon)→
動画→
1965年。 若さについて唄った曲。 ザ・フーがデビューの翌年に発売し、母国イギリスでヒットした。 アメリカでは上位にランクインしなかったが、 その後、ロックの古典の一つとして認知されるようになった。 ハリウッド映画のサントラにも多く採用されている。 若者の気分を代弁した歌詞がとりわけ高く評価されている。 コーラスの「トーキン・アボウト・マイ・ジェネレーション」は、 ロック史上もっとも有名なフレーズの一つになっている。 「年寄りになる前に死にたい」(I hope I die before I get old)という部分も有名。 「反逆性」などのロック的な要素を多く含んだアイコニックな歌である。
12 「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」
(A Change Is Gonna Come)

サム・クック
(Sam Cooke)

試聴(Amazon)→
動画(音のみ)
1964年発売。 サム・クック自身の様々な黒人差別の経験をふまえ、 差別撤廃への想いを語ったメッセージ・ソング。 とりわけ、米南部ルイジアナ州で白人専用のホテルに宿泊を拒否され、 さらに、それに抗議したことを理由に逮捕されたことが、 作詞・作曲のきっかけとなった。 この曲を書く時点でサム・クックは 「Change Is Gonna Come(変革はいずれ訪れる)」と勇気づけている。 歌が超うまく、かつ絶世のイケメンであったサム・クックは、 この曲が出るまで10年以上にわたってスターとして活躍していた。 そのソフトで甘い歌いっぷりによって、 白人からも好まれていた。 こういう背景もあって、人種問題のような政治的なテーマは取り上げなかった。 また、1964年はまだ公民権運動も十分に盛り上がっていなかった。 こうしたなか、サム・クックは「自分が本当に唄いたい歌」としてこの曲をつくり、シングルのB面として世に送り出した。 残念なこともに、この曲が発売される2週間前に謎めいた事件によって銃殺された。 この曲は過去のシングルほどヒットしなかったものの、 サム・クックの最高傑作として後世にわたって高い評価を得た。
13 「イエスタデイ」
(Yesterday)

ビートルズ
(The Beatles)

試聴(Amazon)→
動画(音のみ)
1965年発売。 ビートルズの曲の中で最も有名な曲。 小中学校の音楽の教科書に採用されることも多く、幅広い層に親しまれている。 ポール・マッカートニーが一人で作詞作曲。他の3人のメンバーは演奏にも参加していないため、実質的にはソロの曲となる。 14歳のときに死別したポールの母について歌った曲だとされる。 過去をしのぶ切なさがいっぱいのバラード。 アコースティック・ギターやバイオリンで演奏されており、クラシック的なサウンドが特徴。 英BBCラジオが1999年に行った「20世紀最高の曲」の投票で1位に選ばれた。
14 「風に吹かれて」
(Blowin' in the Wind)

ボブ・ディラン
(Bob Dylan)

試聴(Amazon)→
動画→
1963年。 ボブ・ディランの出世作であり、初期のフォーク時代の代表曲。 22歳のときに発表した。 2枚目のアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」に収録されている。 この曲のヒットによって、ディランは社会的なテーマを歌うプロテスト・フォークの旗手として注目されるようになった。
ディランが自らのアコースティック・ギターとハーモニカの伴奏だけで歌う。 「人はどれだけの死人を見れば、死に過ぎだと気づくのか」といった反戦的な問いかけを連発したうえで、 答えは「風の中にある」とする。
日本でも起きたフォークブームの火付け役としても貢献。 多くのシンガー・ソング・ライターの曲作りの手本の一つにもなったとされる。
15 「ロンドン・コーリング」
(London Calling)

ザ・クラッシュ
(The Clash)

動画→
1979年。パンクロックの金字塔。

歌詞では、社会の危機的な状況を訴えている。 「ロンドンからの俺たちの呼び掛けに耳を貸してくれ」としたうえで、 「戦争が始まる。原発もメルトダウン。太陽が地球に届かなくなる・・」と呼びかける。 1979年に起きた米国スリーマイル島原発事故にヒントを得たという。

3枚目のアルバム『ロンドン・コーリング』から唯一のシングルとなった。 英国で11位のヒット。アメリカでは他の曲のB面扱いだった。

アルバム『ロンドン・コーリング』は歴史的名盤と評価されている。 ローリングストーン誌が選ぶ「歴代の名盤アルバム・ランキング」で8位。
16 「抱きしめたい」
(I Want to Hold Your Hand)

ビートルズ
(The Beatles)

動画→
1963
17 「パープル・ヘイズ」
(Purple Haze)

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
(The Jimi Hendrix Experience)

動画→
1967
18 「メイベリン」
(Maybellene)

チャック・ベリー
(Chuck Berry)

動画(音のみ)
1955
19 「ハウンド・ドッグ」
(Hound Dog)

エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)

動画→
1956
20 「レット・イット・ビー」
(Let It Be)

ビートルズ
(The Beatles)

動画(音のみ)
1970

トップ1011~20位21位以降ページの先頭↑

■ 21位~
順位 曲名、動画 アーティスト 発売年
21 明日なき暴走
(Born To Run)

動画→
ブルース・スプリングスティーン
(Bruce Springsteen)
1975
22 ビー・マイ・ベイビー
(Be My Baby)

動画→
ザ・ロネッツ
(The Ronettes)
1963
23 イン・マイ・ライフ
(In My Life)

動画→
ビートルズ
(The Beatles)
1965
24 ピープル・ゲット・レディ
(People Get Ready)

動画(音のみ)
インプレッションズ
(The Impressions)
1965
25 神のみぞ知る
(God Only Knows)

動画→
ビーチ・ボーイズ
(The Beach Boys)
1966
26 ドック・オブ・ベイ
((Sittin' on) the Dock of the Bay)

動画→
オーティス・レディング
(Otis Redding)
1968
27 レイラ
(Layla)

動画(音のみ)
デレク・アンド・ザ・ドミノス
(Derek and the Dominos)
1970
28 ア・デイ・イン・ザ・ライフ
(A Day in the Life)

動画→
ビートルズ
(The Beatles)
1967
29 ヘルプ!
(Help!)

動画→
ビートルズ
(The Beatles)
1965
30 アイ・ウォーク・ザ・ライン
(I Walk the Line)

動画→
ジョニー・キャッシュ
(Johnny Cash)
1956
31 天国への階段
(Stairway to Heaven)

動画→
レッド・ツェッペリン
(Led Zeppelin)
1971
32 悪魔を憐れむ歌
(Sympathy for the Devil)

動画→
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1968
33 リヴァ-・ディープ - マウンテン・ハイ
(River Deep - Mountain High)

動画→
アイク&ティナ・ターナー
(Ike and Tina Turner)
1966
34 ユーブ・ロスト・ザット・ラヴィン・フィーリン
(You've Lost That Lovin' Feelin')

動画→
ライチャス・ブラザーズ
(The Righteous Brothers)
1964
35 ハートに火をつけて
(Light My Fire)

動画→
ドアーズ
(The Doors)
1967
36 ワン
(One)

動画→
U2
(U2)
1991
37 ノー・ウーマン、ノー・クライ
(No Woman, No Cry)

動画→
ボブ・マーリー
(Bob Marley)
1975
38 ギミー・シェルター
(Gimme Shelter)

動画→
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1969
39 ザットル・ビー・ザ・デイ
(That'll Be The Day)

動画→
バディ・ホリー&ザ・クリケッツ
(Buddy Holly and the Crickets)
1957
40 ダンシング・イン・ザ・ストリート
(Dancing In the Streets)

動画→
マーサ&ザ・ヴァンデラス
(Martha Reeves and the Vandellas)
1964
41 ザ・ウェイト
(The Weight)

動画→
ザ・バンド
(The Band)
1968
42 ウォータールー・サンセット
(Waterloo Sunset)

動画→
キンクス
(The Kinks)
1967
43 トゥッティ・フルッティ
(Tutti-Frutti)

動画→
リトル・リチャード
(Little Richard)
1955
44 我が心のジョージア
(Georgia On My Mind)

動画→
レイ・チャールズ
(Ray Charles)
1960
45 ハートブレイク・ホテル
(Heartbreak Hotel)

動画→
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1956
46 ヒーローズ
(Heroes)

動画→
デヴィッド・ボウイ
(David Bowie)
1977
47 見張塔からずっと
(All Along The Watchtower)

動画(音のみ)
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
(The Jimi Hendrix Experience)
1968
48 明日に架ける橋
(Bridge Over Troubled Water)

動画→
サイモン&ガーファンクル
(Simon and Garfunkel)
1970
49 ホテル・カリフォルニア
(Hotel California)

動画→
イーグルス
(The Eagles)
1976
50 トラック・オブ・マイ・ティアーズ
(Tracks Of My Tears)

動画(音のみ)
スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ
(Smokey Robinson & The Miracles)
1965
51 ザ・メッセージ
(The Message)

動画→
グランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フューリアス・ファイヴ
(Grandmaster Flash and the Furious Five)
1982
52 ビートに抱かれて
(When Doves Cry)

動画→
プリンス
(Prince)
1984
53 男が女を愛する時
(When a Man Loves a Woman)

動画→
パーシー・スレッジ
(Percy Sledge)
1966
54 ルイ・ルイ
(Louie Louie)

動画→
キングスメン
(The Kingsmen)
1963
55 ロング・トール・サリー
(Long Tall Sally)

動画→
リトル・リチャード
(Little Richard)
1956
56 アナーキー・イン・ザ・ユーケー
(Anarchy in the U.K.)

動画→
セックス・ピストルズ
(The Sex Pistols)
1977
57 青い影
(A Whiter Shade of Pale)

動画→
プロコル・ハルム
(Procol Harum)
1967
58 ビリー・ジーン
(Billie Jean)

動画→
マイケル・ジャクソン
(Michael Jackson)
1983
59 時代は変る
(The Times They Are A-Changin)

動画→
ボブ・ディラン
(Bob Dylan)
1964
60 レッツ・ステイ・トゥゲザー
(Let's Stay Together)

動画→
アル・グリーン
(Al Green)
1971
61 ホール・ロッタ・オブ・シェイキン・ゴーイング・オン
(Whole Lotta Shakin' Going On)
ジェリー・リー・ルイス
(Jerry Lee Lewis)
1957
62 ボ・ディドリー
(Bo Diddley)
ボ・ディドリー
(Bo Diddley)
1955
63 フォー・ホワット・イッツ・ウォース
(For What It's Worth)
バッファロー・スプリングフィールド
(Buffalo Springfield)
1967
64 シー・ラヴズ・ユー
(She Loves You)
ビートルズ
(The Beatles)
1963
65 サンシャイン・ラヴ
(Sunshine of Your Love)
クリーム
(Cream)
1968
66 リディンプション・ソング
(Redemption Song)
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
(Bob Marley and the Wailers)
1980
67 監獄ロック
(Jailhouse Rock)
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1957
68 ブルーにこんがらがって
(Tangled Up in Blue)
ボブ・ディラン
(Bob Dylan)
1975
69 クライング
(Crying)
ロイ・オービソン
(Roy Orbison)
1961
70 ウォーク・オン・バイ
(Walk On By)
ディオンヌ・ワーウィック
(Dionne Warwick)
1964
71 パパのニュー・ バッグ
(Papa's Got A Brand New Bag)
ジェームス・ブラウン
(James Brown)
1966
72 カリフォルニア・ガールズ
(California Girls)
ビーチ・ボーイズ
(The Beach Boys)
1965
73 迷信
(Superstition)
スティーヴィー・ワンダー
(Stevie Wonde)
1972
74 サマータイム・ブルース
(Summertime Blues)
エディ・コクラン
(Eddie Cochran)
1958
75 胸いっぱいの愛を
(Whole Lotta Love)
レッド・ツェッペリン
(Led Zeppelin)
1969
76 ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
(Strawberry Fields Forever)
ビートルズ
(The Beatles)
1967
77 ミステリー・トレイン
(Mystery Train)
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1955
78 アイ・ ゴット・ユー(アイ・フィール・グッド)
(I Got You (I Feel Good))
ジェームス・ブラウン
(James Brown)
1965
79 ミスター・タンブリン・マン
(Mr. Tambourine Man)
バーズ
(The Byrds)
1965
80 ユー・リアリー・ガット・ミー
(You Really Got Me)
キンクス
(The Kinks)
1964
81 悲しいうわさ
(I Heard It Through the Grapevine)
マーヴィン・ゲイ
(Marvin Gaye)
1968
82 ブルーベリー・ヒル
(Blueberry Hill)
ファッツ・ドミノ
(Fats Domino)
1956
83 ノルウェーの森
(Norwegian Wood (This Bird Has Flown))
ビートルズ
(The Beatles)
1965
84 見つめていたい
(Every Breath You Take)
ポリス
(The Police)
1983
85 クレイジー
(Crazy)
パッツィー・クライン
(Patsy Cline)
1961
86 涙のサンダーロード
(Thunder Road)
ブルース・スプリングスティーン
(Bruce Springsteen)
1975
87 リング・オブ・ファイア
(Ring of Fire)
ジョニー・キャッシュ
(Johnny Cash)
1963
88 マイ・ガール
(My Girl)
テンプテーションズ
(The Temptations)
1965
89 夢のカリフォルニア
(California Dreamin)
ママス&パパス
(The Mamas and the Papas)
1965
90 イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト
(In the Still of the Night)
ファイブ・サテンズ
(The Five Satins)
1956
91 サスピシャス・マインド
(Suspicious Minds)
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1969
92 ブリッツクリーグ・バップ
(Blitzkrieg Bop)
ラモーンズ
(Ramones)
1976
93 終わりなき旅
(I Still Haven't Found What I'm Looking For)
U2
(U2)
1987
94 グッド・ゴリー・ミス・モリー
(Good Golly, Miss Molly)
リトル・リチャード
(Little Richard)
1958
95 ブルー・スエード・シューズ
(Blue Suede Shoes)
カール・パーキンス
(Carl Perkins)
1956
96 グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー
(Great Balls of Fire)
ジェリー・リー・ルイス
(Jerry Lee Lewis)
1957
97 ロール・オーバー・ベートーヴェン
(Roll Over Beethoven)
チャック・ベリー
(Chuck Berry)
1956
98 ラブ・アンド・ハピネス
(Love and Happiness)
アル・グリーン
(Al Green)
1972
99 フォーチュネイト・サン
(Fortunate Son)
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
(Creedence Clearwater Revival)
1969
100 クレイジー
(Crazy)
ナールズ・バークレイ
(Gnarls Barkley)
2006
101 ユー・キャント・オールウェイズ・ゲット・ホワット・ユー・ウォント
(You Can't Always Get What You Want)
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1969
102 ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン)
(Voodoo Child (Slight Return))
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
(The Jimi Hendrix Experience)
1968
103 ビー・バップ・ア・ルーラ
(Be-Bop-A-Lula)
ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップス
(Gene Vincent and His Blue Caps)
1956
104 ホット・スタッフ
(Hot Stuff)
ドナ・サマー
(Donna Summer)
1979
105 汚れた街
(Living for the City)
スティーヴィー・ワンダー
(Stevie Wonder)
1973
106 ボクサー
(The Boxer)
サイモン&ガーファンクル
(Simon and Garfunkel)
1969
107 ミスター・タンバリンマン
(Mr. Tambourine Man)
ボブ・ディラン
(Bob Dylan)
1965
108 ノット・フェイド・アウェイ
(Not Fade Away)
バディ・ホリー&ザ・クリケッツ
(Buddy Holly and the Crickets)
1957
109 リトル・レッド・コルヴェット
(Little Red Corvette)
プリンス
(Prince)
1983
110 ブラウン・アイド・ガールズ
(Brown Eyed Girl)
ヴァン・モリソン
(Van Morrison)
1967
111 アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥ・ロング(トゥー・ストップ・ナウ)
(I've Been Loving You too Long (to Stop Now))
オーティス・レディング
(Otis Redding)
1965
112 アイム・ソー・ロンサム・アイ・クッド・クライ
(I'm So Lonesome I Could Cry)
ハンク・ウィリアムズ
(Hank Williams)
1949
113 ザッツ・オール・ライト
(That's All Right)
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1954
114 アップ・オン・ザ・ルーフ
(Up on the Roof)
ドリフターズ
(The Drifters)
1962
115 ユー・センド・ミー
(You Send Me)
サム・クック
(Sam Cooke)
1957
116 ホンキー・トンク・ウィメン
(Honky Tonk Women)
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1969
117 テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー
(Take Me to the River)
アル・グリーン
(Al Green)
1974
118 クレイジー・イン・ラブ
(Crazy in Love)
ビヨンセ feat. ジェイ・ズィー
(Beyonce feat. Jay-Z)
2003
119 シャウト
(Shout (Parts 1 and 2))
アイズレー・ブラザーズ
(The Isley Brothers)
1959
120 オウン・ウエイ
(Go Your Own Way)
フリートウッド・マック
(Fleetwood Mac)
1977
121 帰ってほしいの
(I Want You Back)
ジャクソン5
(The Jackson 5)
1969
122 スタンド・バイ・ミー
(Stand By Me)
ベン・イー・キング
(Ben E. King)
1961
123 朝日のあたる家
(The House of the Rising Sun)
アニマルズ
(The Animals)
1964
124 マンズ・マンズ・ワールド
(It's A Man's Man's Man's World)
ジェームス・ブラウン
(James Brown)
1966
125 ジャンピン・ジャック・フラッシュ
(Jumpin' Jack Flash)
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1968
126 ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
(Will You Love Me Tomorrow)
シュレルズ
(The Shirelles)
1960
127 シェイク・ラトル・アンド・ロール
(Shake, Rattle & Roll)
ビッグ・ジョー・ターナー
(Big Joe Turner)
1954
128 チェンジス
(Changes)
デヴィッド・ボウイ
(David Bowie)
1971
129 ロック・アンド・ロール・ミュージック
(Rock & Roll Music)
チャック・ベリー
(Chuck Berry)
1957
130 ボーン・トゥ・ビー・ワイルド
(Born to Be Wild)
ステッペンウルフ
(Steppenwolf)
1968
131 マギー・メイ
(Maggie May)
ロッド・スチュワート
(Rod Stewart)
1971
132 ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー
(With or Without You)
U2
(U2)
1987
133 フー・ドゥ・ユー・ラブ?
(Who Do You Love?)
ボ・ディドリー
(Bo Diddley)
1956
134 無法の世界
(Won't Get Fooled Again)
ザ・フー
(The Who)
1971
135 イン・ザ・ミッドナイト・アワー
(In the Midnight Hour)
ウィルソン・ピケット
(Wilson Pickett)
1965
136 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
(While My Guitar Gently Weeps)
ビートルズ
(The Beatles)
1968
137 ユア・ソング
(Your Song)
エルトン・ジョン
(Elton John)
1970
138 エリナー・リグビー
(Eleanor Rigby)
ビートルズ
(The Beatles)
1966
139 ファミリー・アフェア
(Family Affair)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
(Sly and the Family Stone)
1971
140 アイ・ソー・ハー・スタンディングゼア
(I Saw Her Standing There)
ビートルズ
(The Beatles)
1964
141 カシミール
(Kashmir)
レッド・ツェッペリン
(Led Zeppelin)
1975
142 オール・アイ・ドゥ・イズ・ドリーム
(All I Have to Do Is Dream)
エヴァリー・ブラザース
(The Everly Brothers)
1958
143 プリーズ・プリーズ・プリーズ
(Please, Please, Please)
ジェームス・ブラウン&ヒズ・フェイマス・フレイムス
(James Brown and His Famous Flames)
1956
144 パープル・レイン
(Purple Rain)
プリンス&ザ・レヴォリューション
(Prince and the Revolution)
1984
145 アイ・ウォナ・ビー・シデイテッド
(I Wanna Be Sedated)
ラモーンズ
(Ramones)
1978
146 エヴリデイ・ピープル
(Everyday People)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
(Sly and the Family Stone)
1968
147 ロック・ロブスター
(Rock Lobster)
ビー・フィフティートゥーズ
(The B-52's)
1979
148 ミー・アンド・ボビー・マギー
(Me and Bobby McGee)
ジャニス・ジョプリン
(Janis Joplin)
1971
149 ラスト・フォー・ライフ
(Lust for Life)
イギー・ポップ
(Iggy Pop)
1977
150 キャシーズ・クラウン
(Cathy's Clown)
エヴァリー・ブラザース
(The Everly Brothers)
1960
151 エイト・ マイルズ・ハイ
(Eight Miles High)
バーズ
(The Byrds)
1966
152 アース・エンジェル
(Earth Angel)
ザ・ペンギンズ
(The Penguins)
1954
153 フォクシー・レディ
(Foxey Lady)
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
(The Jimi Hendrix Experience)
1965
154 ハード・デイズ・ナイト
(A Hard Day's Night)
ビートルズ
(The Beatles)
1964
155 レイヴ・オン
(Rave On)
バディ・ホリー&ザ・クリケッツ
(Buddy Holly and the Crickets)
1958
156 プラウド・メアリー
(Proud Mary)
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
(Creedence Clearwater Revival)
1969
157 サウンド・オブ・サイレンス
(The Sounds of Silence)
サイモン&ガーファンクル
(Simon and Garfunkel)
1965
158 アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー
(I Only Have Eyes for You)
フラミンゴス
(The Flamingos)
1959
159 ロック・アラウンド・ザ・クロック
((We're Gonna) Rock Around the Clock)
ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ
(Bill Haley and His Comets)
1954
160 モーメント・オブ・サレンダー
(Moment of Surrender)
U2
(U2)
2009
161 アイム・ ウェイティング・フォー・ザ・マン
(I'm Waiting for the Man)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
(The Velvet Underground)
1967
162 ブリング・ザ・ノイズ
(Bring the Noise)
パブリック・エナミー
(Public Enemy)
1988
163 フォルサム・プリズン・ブルース
(Folsom Prison Blues)
ジョニー・キャッシュ
(Johnny Cash)
1956
164 アイ・キャント・ストプ・ラヴィング・ユー
(I Can't Stop Loving You)
レイ・チャールズ
(Ray Charles)
1962
165 ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー
(Nothing Compares 2 U)
シネイド・オコナー
(Sinead O'Connor)
1990
166 ボヘミアン・ラプソディ
(Bohemian Rhapsody)
クイーン
(Queen)
1975
167 ファスト・カー
(Fast Car)
トレイシー・チャップマン
(Tracy Chapman)
1988
168 レッツ・ゲット・イット・オン
(Let's Get It On)
マーヴィン・ゲイ
(Marvin Gaye)
1973
169 パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン
(Papa Was a Rollin' Stone)
テンプテーションズ
(The Temptations)
1972
170 ルージング・マイ・レリジョン
(Losing My Religion)
R.E.M.
(R.E.M.)
1991
171 青春の光と影
(Both Sides Now)
ジョニ・ミッチェル
(Joni Mitchell)
1969
172 ナインティナイン・プロブレムス
(99 Problems)
ジェイ・ズィー
(Jay-Z)
2003
173 ドリーム・オン
(Dream On)
エアロスミス
(Aerosmith)
1973
174 ダンシング・クイーン
(Dancing Queen)
アバ
(Abba)
1976
175 ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
(God Save the Queen)
セックス・ピストルズ
(The Sex Pistols)
1977
176 黒くぬれ!
(Paint it Black)
ローリング・ストーンズ
(The Rolling Stones)
1966
177 アイ・フォウト・ザ・ロウ
(I Fought the Law)
ボビー・フラー・フォー
(The Bobby Fuller Four)
1966
178 ドント・ウォーリー・ベイビー
(Don't Worry Baby)
ビーチ・ボーイズ
(The Beach Boys)
1964
179 フリー・フォーリン
(Free Fallin')
トム・ペティ
(Tom Petty)
1989
180 セプテンバー・ガールズ
(September Gurls)
ビッグ・スター
(Big Star)
1974
181 ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート
(Love Will Tear Us Apart)
ジョイ・ディヴィジョン
(Joy Division)
1980
182 ヘイ・ヤ!
(Hey Ya!)
アウトキャスト
(OutKast)
2003
183 グリーン・オニオン
(Green Onions)
ブッカー・T&ザ・MG's
(Booker T. and the MG's)
1962
184 ラストダンスは私に
(Save the Last Dance for Me)
ドリフターズ
(The Drifters)
1960
185 ザ・スリル・イズ・ゴーン
(The Thrill is Gone)
B.B.キング
(B.B. King)
1969
186 プリーズ・プリーズ・ミー
(Please Please Me)
ビートルズ
(The Beatles)
1964
187 廃墟の街
(Desolation Row)
ボブ・ディラン
(Bob Dylan)
1965
188 フール・ストップ・ザ・レイン
(Who'll Stop the Rain)
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
(Creedence Clearwater Revival)
1970
189 貴方だけを愛して
(I Never Loved a Man (the Way I Love You))
アレサ・フランクリン
(Aretha Franklin)
1967
190 バック・イン・ブラック
(Back in Black)
AC/DC
(AC/DC)
1980
191 ステイン・アライヴ
(Stayin' Alive)
ビージーズ
(Bee Gees)
1977
192 天国への扉
(Knockin' on Heaven's Door)
ボブ・ディラン
(Bob Dylan)
1973
193 フリー・バード
(Free Bird)
レーナード・スキナード
(Lynyrd Skynyrd)
1973
194 リハブ
(Rehab)
エイミー・ワインハウス
(Amy Winehouse)
2007
195 ウィチタ・ラインマン
(Wichita Lineman)
グレン・キャンベル
(Glen Campbell)
1968
196 ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー
(There Goes My Baby)
ドリフターズ
(The Drifters)
1959
197 ペギー・スー
(Peggy Sue)
バディ・ホリー
(Buddy Holly)
1987
198 スウィート・チャイルド・オブ・マイン
(Sweet Child O'Mine)
ガンズ・アンド・ローゼズ
(Guns n' Roses)
1987
199 メイビー
(Maybe)
シャンテルズ
(The Chantels)
1957
200 冷たくしないで
(Don't Be Cruel)
エルヴィス・プレスリー
(Elvis Presley)
1956

出典:http://www.rollingstone.com/music/lists/the-500-greatest-songs-of-all-time-20110407